広告用語集

ラジオCM素材サイズ
・20秒
ラジオCMの一般的な秒数は、20秒。
ただし、ラジオCMの場合、企画や種類に応じてさまざまな秒数がある。

・タイムCM/スポットCM
タイムCMは、番組提供を行う企業による番組中にオンエアされるCM。
スポットCMは、番組と番組の間にオンエアされるCM。
他にも、番組内のコーナーを使っての生CMなどもある。

ランディングページ
バナー広告や検索結果などからのリンク先となるwebページのこと。
特に、トップページとは別に目的に合わせて意図的に設置されたページを指す。
ランニング(ランニングコスト)
ある商品やサービスを運用し続けるために必要な維持費用のこと。
リーセンシー効果
直前に見たり聞いたりした広告や商品パッケージが購買行動に影響を与えること。
リーチ
広告到達率。ある媒体が放送・掲載される地域内で、ターゲットに広告メッセージが1回以上到達した割合のこと。
リクルーティングビデオ
入社希望者のために、入社説明会などで使用するビデオ。
現場の様子など、知りたい情報が映像で的確に描かれている。
リスクマネジメント
企業活動に関連するリスクを把握、管理して、リスクの回避や分散、最小化を行うこと。
リスティング広告
インターネットにおける検索連動型広告のこと。検索エンジン上で、サイト閲覧者が入力したキーワードにマッチする広告が自動的に表示される。一般にクリック課金型で、クリックされて初めて広告料金が発生する。
リマーケティング広告
ネット広告において、一度webサイトを訪問したユーザー(ブラウザ)を追跡し、関連する広告を配信すること。
レーティング(視聴率・聴取率)
レーティングとは、テレビでの視聴率、ラジオでの聴取率のこと。
特定の地域、時刻において、ある番組を地域住民の何パーセントが視聴・聴取したかを表す推定値。
一般的に、テレビでは世帯視聴率、ラジオでは個人の聴取率を計測する。
レスポンス
広告に対する反応のこと。
ローカルマーケティング
地域への特化を前提に、商品やサービス、消費者の調査、広告・販促手法の選択などを行うこと。
ロケハン
撮影に適した場所を探すこと。
ロングテール
CDの旧盤や専門書籍のように、販売数が少ない商品でも、ネット上で膨大な点数を揃えることで収益を確保する販売手法。このモデルの収益をグラフ化したとき恐竜のしっぽのような図柄に見えることから命名された。
top