広告用語集

サーキュレーション
広告に接触する機会のある人数のこと。新聞・雑誌では発行部数、
テレビ・ラジオでは受像機や受信機の台数、交通広告では乗客数などで表す。
サイト
インターネット上にある、複数のウェブページの集合体。ウェブサイト。
再訪率(サイト再訪率)
アクセスしたことのあるサイトに再度アクセスする率。
サイン
目的地の場所や方向などを示す表示。
雑誌広告原稿サイズ
・見開き/1ページ/1/2ページ/タテ1/3ページ
1ページを基準に、開いた2ページ分を「見開き」、1ページの横半分の1/2ページ、
1ページを縦に分割した1/3ページが一般的。サイズが大きくなるほど高額になる。

・4色/2色/1色
雑誌広告の原稿には、カラー(4色)、2色、白黒(1色)がある。
色数が多いほど、金額は高くなる。

・表紙回り
通常の中面と異なり、表紙に掲載する手法もある。表2(表紙の裏面)、
表3(裏表紙の裏面)、表4(裏表紙)があり、露出度が高いため高額となる。

雑誌広告原稿サイズ

サンプリング
試供品や見本を無料で配布する販促手法。
シアター形式
机を使わず椅子だけ並べるレイアウト。限られたスペースでも多くの人数を収容できる。
映画の試写会でよく用いられることからこう呼ばれる。
CI
企業理念を簡潔に表現したもの。また、こうした表現を外に知らせることで
その企業の存在を広く認知させるマーケティング手法のこと。
CRM
主に既存顧客との良好な関係を維持するための施策や、それを管理する情報システムのこと。
GRP
テレビやラジオの番組、あるいはCMの延べ視聴率。gross rating pointの略。
あるCM枠の視聴率が10%だとして、その枠でCMを10回放送すれば、100GRPとなる。
CSR
利益を求めるだけでなく、顧客や株主、従業員、取引先、地域社会といったステイクホルダーとの
関係を重視しながら果たす企業の社会的責任。corporate social responsibilityの略。
CTR
広告がクリックされた割合。クリックレート。Click Through Rateの略。
CPA
ネット広告で、コンバージョン1件あたりにかかるコストのこと。顧客獲得単価。Cost Per Acquisitionの略。
CPC
インターネット広告で、クリック1回当たりにかかるコストのこと。cost per clickの略。
CVR
サイトへの訪問者のうち、購入や資料請求など最終成果に結びついた割合。
コンバージョン率。Conversion Rateの略。
シネアド
映画館で本編前に上映される企業広告のこと。映画館CM。
閉鎖された空間での視聴のため、接触率、認知率、1週間後のCM想起率が非常に高いといわれる。
シネコン
シネマ・コンプレックスの略。 1つの建物に複数のスクリーンが設置された映画館で、ショッピングセンターなどが併設されている複合商業施設となっていることが多い。
車内広告
電車やバスなどの車内に掲出される広告。中吊り広告、窓上広告、車内テレビなどがある。
出稿
新聞や雑誌に広告を出すこと。
現在では、あらゆる広告媒体について使用される。
新聞広告原稿サイズ
・段
新聞広告のスペースの単位。
通常、1段は概ね天地3.2センチ×左右38センチ程度。新聞により多少異なる。
全15段(全ページ)は新聞1ページ分の大きさ。

・全/半
「全」はページ全幅分の横幅のこと。「半」は全幅の半分のサイズ。

・突き出し
新聞記事中の最下段や左右両隅に掲載される小型の広告。

新聞広告原稿サイズ

スタイリング
モデルやタレントなどが身につける衣裳やアクセサリーなどを集め、
CMや写真の撮影時にコーディネートをすること。その職業をスタイリストと呼ぶ。
ステイクホルダー
ある企業に対して利害関係を持つ人。顧客や株主、従業員などだけでなく、地域社会までも含む。
ステルスマーケティング
消費者に、広告と気づかれないように宣伝活動をすること。ステマ。
スマートフォン
最近では主にiPhoneやAndroidなどの多機能な携帯電話を指す。略してスマホ、スマフォ。
スマートフォンに対して従来のキャリア携帯電話をガラケー(ガラパゴス携帯)などと呼ぶことも。
3PAS
媒体社の広告配信サーバーではなく、第三者が提供する広告配信サーバーを広告主が自ら操作して配信管理する狭義の第三者配信のこと。スリーパス。
セールスプロモーション
展示会や店頭実演、サンプリングなどの手法を用いて、消費者の購買意欲を刺激し、
販売業者を支援する施策。SPとも。
総合広告会社(総合広告代理店)
広告をはじめとする、コミュニケーションに関するあらゆる業務を提供できる広告会社のこと。
具体的には、調査、広告制作、媒体購入、イベント企画、商品企画、
コーポレート・コミュニケーション、PR、販売促進など。
ソーシャル・マーケティング
企業が、社会的責任や社会貢献を考えて行うマーケティングの手法。
単に製品やサービスを消費者に買ってもらうためのマーケティングではなく、
社会が求めている倫理や理念を認知・理解させ、社会に浸透させるためのマーケティング。
ソーシャルメディア
企業体ではなく、個々のユーザーが情報を発信でき、ユーザー同士のコミュニケーションが主目的となるメディアのこと。
具体的にはYouTube、twitter、facebookやブログなどのインターネットメディアを指す。
ソーシャルメディア・マーケティング
ソーシャルメディアを使ったマーケティング活動のこと。
ブログやSNSの普及に伴い登場した手法で、従来のソーシャル・マーケティングとは別の概念。
素材
CMのもとになる画像や映像、音声のこと。
top